MOVIE “Career-Plus Project”

今や動画演出は、SEOと並ぶ広報宣伝の重要な要素。
魅力的な動画をスマホでスピード撮影。

なぜ今、動画なのか!?

スマートフォンがPCの出荷台数をはるかに超え、国民一人に一台が当たり前の時代が到来しました。
テレビ離れが深刻化しているのと反比例するかのように動画コンテンツの視聴時間は伸び続けています。

インターネットでの動画視聴は、今や一般的になりました。ニールセン(世界最大の調査会社)の調査では、インターネットユーザーの82%が「無料動画を利用している」と回答しています。(2015年10月時点)

以前は動画といえばYouTubeでしたが、今ではFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアでも動画をよく見かけます。
動画制作が以前より手軽にできるようになったことからも、今後、動画を使った企業のブランディングは隆盛を極めていくことでしょう。

しかし、以前のように、「撮影日を設定して」、「香盤表を作って」、「人を待機させて」、、、、というようなやり方は、この加速化する広報宣伝の時代では無駄に時間とお金を浪費するだけです。また撮影する側、される側双方に負担も激しいでしょう。

Youtube動画をご覧ください。人気のある動画は、プロが編集加工したものではなく、素人が自分自身の手で作ったものが大半です。
“作られたもの”という動画は、ユーザー受けが悪いのです。子供ですら、Youtubeでは素人の作った動画ばかり見ます。
なぜか?
それは本物ではないからです。限りなく真実に近い動画、自分の生活環境に近い動画は、ユーザーにヒットします。それ故に、素人臭くても、下手な編集・カット割りでも、素人動画の方が受けるのです。

しかし、なんでもいいわけではありません。的確にお客様の意図をユーザーに届ける必要があります。
その日、その時、都合の良いタイミングで、現場に置けるプロの“即断即決”で動画を撮影する。
それがアスカデザインのスピード撮影です。

PAGE TOP