ECサイト制作

ECサイトにおけるコンテンツマーケティングってなに?

皆さんは、コンテンツマーケティングについて理解していますか?
コンテンツマーケティングは、ECサイト運用において最適なマーケティング手法です。

しかし「コンテンツマーケティングってなに」「SEOと何が違うの?」と声を良く耳にします。

そこで、今回はコンテンツマーケティングとは何かについて解説します。

コンテンツマーケティングとは?


コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対しブログやSNSなどでコンテンツを提供し、流入数や売り上げ増加を狙う手法です。
この手法は、ECサイト以外にも、様々なメディア運営でも活用されています。

コンテンツマーケティングでは、ユーザーが求めているものを発信することで、効果を得ることができます。

SEOと何が違う?


よく混同されがちなのが、SEOです。
実は、コンテンツマーケティングとSEOでは
・目的
・手法
・配信コンテンツ
が異なります。

SEOとは「検索エンジン最適化」の略称で、コンテンツを検索結果の上位に表示させる施策です。

一方、コンテンツマーケティングでは、SEOをそこまで重視せず、ユーザーが求めているコンテンツをサイト内に量産します。
量産することで、サイトのファンになってもらうのが目的です。

つまり、ターゲットユーザーが大きく異なります。

種類 ユーザー特徴 マーケティング手法
SEO 購買意欲のあるユーザー 検索エンジン上だけで行う
コンテンツマーケティング 潜在ユーザー 顧客に関わるのであれば全て

SEOとコンテンツマーケティングを混同させると、目的や手法がブレるので、必ず確認しましょう。

コンテンツマーケティングの目的


これらの目的は「ファンを作る」ことです。
そのための手法として、ユーザーの期待以上のコンテンツを用意します。

ユーザーが「このコンテンツについてもっと知りたい!」という状態にすることで、自社サービスの宣伝にも繋げる行為のことです。

コンテンツマーケティングの目的を「売上増加」にすれば、ユーザーが望んでいないコンテンツを提供することに繋がるので、売上増加というのは結果であって、決してコンテンツマーケティングの目的とはなりません。

ECサイトがコンテンツマーケティングに取り組む理由


ECサイトがコンテンツマーケティングに取り組む理由は3つあります。

・長期的に顧客を獲得できる
・リピーター獲得による売上安定
・メディアが資産になる
順番に解説していきます。

・長期的に顧客を獲得できる

短期的な顧客獲得では、長期的にECサイトを運営していくことは難しいです。

なぜかと言うと、長期的に顧客を獲得する必要があるため、期限が存在する広告展開では効果が得られないからです。

しかし、コンテンツマーケティングを使うと、長期的な顧客獲得につながります。
ECサイト自体への直接流入が難しいため、一度作れば残り続けるコンテンツマーケティングが効果的です。

・リピーター獲得による売上安定

短期的な顧客流入だと、運営していくことは難しいため、新規顧客をリピーターにする必要があります。

コンテンツマーケティングを活用していない場合だと、購入〜定着までの導線を置くのが難しいです。

ですが、コンテンツマーケティングを活用すると、商品情報商品に対しての思いを顧客に伝えることが可能です。

商品の思いが顧客に浸透すれば、コンテンツのファンになってもらえます。
なので、新規顧客リピーター顧客に変えることができます。

・展開したメディアは資産になる

展開したメディアは、消えることは基本ないので、資産になります。

この資産は、長期的に顧客を獲得できるのはもちろん、コンテンツのファンにすることも可能です。

また、良質なコンテンツを展開し続けることで、SEO的にも効果の高い行為となります。
このような行為が、運用しているECサイトの検索エンジン上位化につながります。

検索上位表示とコンテンツマーケティングでの集客力が加われば、他のECサイトよりも圧倒的に顧客を獲得できます。

まとめ


今回は、ECサイトにおけるコンテンツについて解説しました。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは同じのようで、実は全然違います。
それぞれの違いを把握し、自社にあった方法で顧客を獲得してみてはいかがでしょうか?

奈良・大阪でECサイト制作なら株式会社アスカデザインへ


株式会社アスカデザインでは、お客様にピッタリのECサイトをご提案いたします。
お気軽にご相談ください!

ホームページを制作したい方はこちらから→https://asuka.design/website

ECサイトを制作したい方はこちらから→ https://asuka.design/ecsite

関連コラム